ケイコママ

ケイコママ

土本けい子(県指導農業士)

〒912-0006
福井県大野市庄林37-38
TEL:0779-66-4465
Email:info@keikomama.jp

ストロベリーオーナー農園

ストロベリーオーナー農園

まごころ込めて栽培した新鮮なイチゴ。取れたてイチゴのジャム作り体験も!いちご農園のオーナーも募集しています。

イチゴ狩りのご案内

花つみとり園

花つみとり園

「パァーッとひまわりで飾ろうかなぁ・・・ 華やかなトルコキキョウにしようかなぁ・・・ やさしく紅花がいいかなぁ・・・」など楽しく迷いながら園内を歩いてみてください。

花つみとり園のご案内

リース作り体験

リース作り体験

みんなで楽しくリースを作りませんか。細かくていねいに説明しますので始めての方でも安心です。完成品にはない自分だけのリースで部屋を飾り付けましょう。

リース作り体験のご案内

里芋収穫祭

里芋収穫祭

「秋!ときめき里いも掘りとり収穫祭」”むっちり””ほっこり”した美味しさを皆さんで味わってください!

里芋収穫祭のご案内


pp


今年もおまちかね里芋堀とり収穫祭やります
会場になる田んぼの稲株を草刈機で刈り取ったり、着々準備を始めています
毎年おいしいと好評のこうじ漬けの準備もできましたよ
皆様の楽しそうなお顔を思って作業がはかどります
お待ちしています
今年の春先は寒い日が続き雨ばかりでなかなか暖かく
ならなかった。たまねぎに急いで追肥したのが
裏目になり、苗が消えてしまった。
又今年も失敗か?
あんなに上手に苗作りが出来る様になって
張り切って定植したのに!!
””百姓は毎年1年生や””とよく聞くけれどそれでは
ぜんぜん進歩がないじゃんと思う
調べたり聞いたり勉強をして前へ進みたいと思って
いる、、がしかしお天気にはかないません
それでも名人はすごい!!
簡単に例年のようににはいかない。
やっぱり今年も1年生でした。
それでも大きい玉に生育してくれたたまねぎ
学校給食に納入。今日は校区の下庄小学校で
私の育てたたまねぎが調理されました
よかった

  大野の季節の味
       お母さんの味”笹だんご”
毎年なら6月始めに月遅れの節句として
子供達 甥、姪も手伝いに集まってたくさん作ります
大野の季節の味 皆元気で仲良しのメッセージを
込めてそれぞれの家族や遠方の親類に送ります。
が今年はいちご園がまだ最盛期だったり
うれしい孫の誕生だったり生活のリズムがうまく
回らなくて出来ませんでした。
でも私がお嫁来てお姑さんにならって伝承されていく
素朴な季節の味を、めんどうくさいの一言では
すまされなかったことと子供たちからも
”ちまきよりだんごが食べたい!!”と熱いアンコールが
あったりでやっとエンジンがかかりました
出来立てを少しずつのおすそ分けでお届けしました
今年も出来て良かったと思う満足感をに浸って
います       
      
オーナさんやいちご狩りのお客さんで
大賑わいだったいちご園も今日の株切りで終わりに
なりました
この後からは来年に向けての苗作りの作業が
始まります。
今年は大きな変化がありました。
1つは大阪からのオーナさんの申し込みでした
大丈夫かなあ?来られるかな と心配していましたが
ご家族御友達と来られて
””おいしい””と絶賛 
私の一番うれしい瞬間です
子供さんは田んぼの畦を走ったり虫やミミズを
見つけたり田んぼの排水の水の中を探検したり
自然を満喫しておられました。
高速道路¥1000効果かなあ うれしいですね
もう1つは東京からオーナさん申し込みでした。
1月ぐらいに早々に申し込みで
””ストロベリーオーナー権プレゼント””
としてご利用されました

5月プレゼントされたオーナーさんと連絡を取った
ところ1月2月頃かと思い、まさか5月だとは!!
今や苺は周年になっていますものね
それで生食いちごやジャムを送らさせていただきました
オーナー権以上にたくさんお買い上げいtだきました

20年も続けて”びっくり”の変化でした
!!
4月20日(火)
大野市有終西小学校3年生
里芋植え体験に生き生きとはりきって圃場に来た
昨年に引き続きなのでいただいたお手紙に
里芋を植える時穴を空ける機械の質問が書いて
あった。{農家おばちゃんが作業するのに都合が
いい様に鍛冶屋のおじさんが何度もつくり、研究して
出来た手作りの機械ですと  作業を始める前に
説明をしてそれから皆で50メータの畝を完成させた

雨が降らない土の条件のいい時にトラクター、
畝たてが出来たのできっと丸いおいしそうな里芋が
収穫できるだろうと確信しました
秋には里芋堀収穫体験に来るそうです
それまで草取り、株の土寄。水あてなどこまめに
めんどうみなければ!!
日曜日に時々里芋が大きくなる様子を見に来て
くださいね とお願いをしました



«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 23 | 24 | 25 || Next»